出会いに感謝

この間の5月の連休に、主人と子供たちと主人の実家に帰省しました。
車で約2時間の距離なのですが、
主人は仕事が忙しくてなかなか帰ることができないため、
定期的に私が子供たちを連れて帰省しています。
主人はこの5月の連休に帰ったのがちょうど1年ぶりでした。
お義母さんはすごく喜んでくれました。
嫁姑の関係も良く、娘のように可愛がってくれます。
主人のほかに弟が2人いて、みんなおとこなので、
女手一つで3人育てた母は、今は一人で生活しています。
我が家の子供たちは見事に女の子ばかりで、
それもまた新鮮なようでし、女の子といだけでなんだか嬉しそうです。
やはり男の子とは違うみたいです。私は逆に男の子の育て方がわかりませんが。
だけど、お義母さんの喜ぶ顔を見られるのも、私も主人も幸せなことです。
こうして主人とめぐり合い、そして子供たちに恵まれたのも、
出会いがったからこそといえます。すべてに感謝しています。
一日一日大切にしていきたいです。

≪ あの日までには